本文へスキップ

セラピストのコミュニケーションサイト

KOKO-KARA主催の研修会SEMINAR

Spine Dynamics療法 箱根合宿特別研修会


研修課程 マイスターB Spine Dynamics療法実践ワークショップその1
マイスターC Spine Dynamics療法実践ワークショップその2
マイスターD Spine Dynamics療法実践ワークショップその3
受講条件 入門編T座学・U実技、ベーシックT座学・U実技、アドバンス@〜B を修了していること(マイスターの受講順序はありません)
マイスター東京@、Aの修了は参加資格ではありません。
日 程 2017年 11月 26日 (日)〜 12月 1日 (金) 5泊 6日
会 場 箱根ホテル小涌園・会議室(神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297)
講 師 嵩下 敏文(清泉クリニック整形外科・法人本部 理学技術担当部長)
定 員 40名 
 参加費(税込) 早期申込割引 185,000円(10月7日まで)/通常参加費 200,000円
  ※ 今回の宿泊はパンシオン(ツインのシングルユース)のみとなります。
  ※ キャンセル料は、10月23日(月) から時期に応じて 30%〜70% が掛かります。
  ※ シングルルーム先着5室の受付は終了しました。

【参加費に含まれるもの】
  セミナー参加費(テキスト代を含む)
  宿泊・食事代(5泊分、朝食5回、昼食5回、夕食4回、SDサロン・バー各1回)
  ただし、クリーニング、飲料、個人的なものはご自弁いただきます。
  箱根小涌園までの交通費は自己負担となります。

  パンフレットダウンロード
  FAX用申込書ダウンロード

                 申し込む

講座内容

慢性疼痛疾患患者の機能的特徴抽出は、「kinematics」評価のみでは捉えにくく、「kinetics」評価を加えることで科学的な分析が可能となる。その機能的特徴とは「筋出力抑制」と「Active-ROM制限」である。この2つの特徴の誘因を探求していくことは、障害を起こした「成因プロセス」を追従できるどころか、患部以外の機能的関連因子まで治療対象となり、即効性あるプログラム立案が可能となる。

「筋出力抑制」と「A-ROM制限」の背景を身体力学的環境から探ると、「脊柱の弯曲機能異常(低下)」という機能的問題点にぶつかる。

脊柱・骨盤は最も身体重心近くに位置している。そのため脊柱弯曲機能と仙腸関節機能は、四肢運動の力源(作用力)であると同時に、反力(反作用力)緩衝機能を持ち併せている。言い換えると、脊柱弯曲機能(車でいうサスペンション機能)と仙腸関節機能(車でいうダンパー機能)が、重心移動時における上半身質量(体重)衝撃緩衝と、下肢からの床反力緩衝作用を担っている。

この脊柱弯曲機能の異常は、四肢動作による反力緩衝機能低下を意味する。これによって身体は、反力を緩衝できない分、中枢神経を介して筋出力の抑制系を働かせ、作用力=反作用力という物理(重力場)のルールを保持しようとする。 脳の姿勢制御システムは、物理学ルールをそのまま反映した「能動システム」に、常にコントロールされ、動作に必要な筋力と関節可動域が決定される。 筋力は体の力学的環境に合わせ、常に「筋出力抑制」が生じていること、力学的エネルギー伝達可能な関節可動範囲がA-ROMであり、関節が伝えるエネルギーの大小でROMは容易に変化すること、またなぜ筋出力抑制がおこるのか?なぜA-ROM制限(拘縮・変形)がおこるのか?それらを多彩な実技デモを交えて実践実技を紹介していく。


コースの特徴

  • 評価によって得られた問題点に対し、セラピスト主導から患者の行動変容に繋げるための正確な徒手療法を体感・実践・習得する。
  • 還元論的臨床推論と全体的臨床推論の両方を駆使し、評価並びにプログラム立案までをグループディスカッションからワークショップ形式にて症例検討を行う。
  • 実際の症例に対して、グループディスカッションからワークショップ形式にて様々な視点で症例検討を行う。

講師紹介

嵩下 敏文
清泉クリニック整形外科・法人本部 理学技術担当部長
Spine Dynamics療法セラピスト上級認定資格

・慢性疼痛疾患患者と健常人における筋質量と体重支持指数の比較検証
・成長痛を有する患者における筋質量と体重支持指数の関係
・姿勢制御アプローチ 〜Spine Dynamics理論による慢性疼痛疾患の捉え方〜
・スポーツ活動におけるメンタルトレーニング
・慢性疼痛症候群の行動変容療法
            ・Spine Dynamics療法
            ・慢性疼痛症候群の理解と行動変容
            ・健常男性成人における大腿四頭筋の最大随意収縮時筋力と筋音図の関係 ほか

講師から参加される方への「お願い」

当ホームページ内の 「コミュニケーション広場」(無料登録)内で議論されている 「Spine Dynamics 療法を語りましょう」(過去スレッドと現スレッド)の討議を事前に通読していただけると講演内容の深い理解が得られます。お時間が許される先生は、是非とも事前学習をお願いいたします。


プログラム

  11/26(日)
       15:00〜22:00 集合(夕食は自弁となります)
  11/27(月)
       09:15〜09:30 開会・オリエンテーション
       09:30〜12:00 脊柱柔性評価と徒手療法による体幹関節副運動から骨運動まで、手法習得@
       13:00〜17:30 脊柱柔性評価と徒手療法による体幹関節副運動から骨運動まで、手法習得A
       19:30〜21:30 【特別講義】SDサロン −セラピストとして大切なこと− 【脇元幸一氏】
  11/28(火)
       09:15〜12:00 脊柱柔性評価と徒手療法による体幹関節副運動から骨運動まで、手法習得B
       13:00〜17:00 脊柱柔性評価と徒手療法による体幹関節副運動から骨運動まで、手法習得C
       19:00〜21:00 グループワーク
  11/29(水)
       09:15〜12:00 全体的臨床推論ワークショップ@
       13:00〜17:30 全体的臨床推論ワークショップA
       19:30〜21:30 全体的臨床推論ワークショップB
  11/30(木)
       09:15〜12:00 全体的臨床推論ワークショップC
       13:00〜17:30 全体的臨床推論ワークショップD
       19:00〜21:00 SDバー(談話室) 【自由参加】
  12/ 1(金)
       09:15〜12:00 全体的臨床推論ワークショップE
       13:00〜15:00 全体的臨床推論ワークショップF
       15:00〜15:15 閉会・事務連絡

    ※ プログラムは都合により多少変更することがあります。


参加申込み手順

  1. 「申し込む」ボタンをクリックし、参加申込フォームからお申し込みください。
  2. すぐに自動返信メールが届きますので、メールに記載の通りお手続きをお願いいたします。
    自動返信メールが届かない場合は、こちらをご確認ください。
    また、自動返信メールの記載事項は、こちらでご確認いただけます。<自動返信メール記載事項
  3. お申し込み完了後1週間以内に下記口座に振込手続きをお願いいたします。
    参加費は、ホームページに記載の通りです。各位でご確認いただき、くれぐれもお間違えのないようお願いいたします。
  4. 入金が確認出来次第、お申し込みを確定し、別途『研修会参加券』をメール添付にてお送りします。お振込み後、2週間以上経過しても『研修会参加券』が届かない場合は、下記「お問い合わせ先」までご連絡ください。
  5. 参加費お振り込み先:
       口座名義 : 心と体のリハビリテーション研究会
       銀 行 名 : みずほ銀行 溝ノ口支店
       口座番号 : 普通口座 2454443
  6. 注意事項
     ※ 振込手数料はご負担くださいますようお願いいたします。
     ※ 複数でお申込み場合は、代表者がまとめて振込いただいても結構です。
     ※ 領収書が必要な方は、研修会当日、受付にお申し出ください。
     ※ 振込人氏名欄のお名前の前に受付番号をご入力ください。
        例)SD0001ヤマダタロウ

会場のご案内

箱根は、古来東海道の要衝であり、「天下の険」と謳われた難所箱根峠のふもとには宿場や関所が置かれました。近代以降は保養地・観光地として発展、各所に湧く温泉や、芦ノ湖、大涌谷、仙石原などがとりわけ有名です。1936年に「富士箱根国立公園」(現・富士箱根伊豆国立公園)に指定されています。

箱根ホテル小涌園は、正月の東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の5区6区の山の区間に位置し、大勢の応援客で賑わいます。

講義・実技は、併設のコンベンションパレス「松風」を使用し、3名で1台のベッドにより、講義・実技演習を行っていただきます。

宿泊は、B&Bパルシオンをシングルで利用いただきます。レストランは、参加者の皆さんに変化を楽しんでいただく工夫をいたします。宿泊棟には、ランドリーなども完備しています。休憩時間などでは、小涌園の源泉温泉でリフレッシュしていただけます。


お食事のご案内

朝 食  6:30〜 8:45   宿泊棟(パルシオン)でお召し上がりください。
昼 食  12:00〜13:00  ランチブッフェまたは定食を準備いたします。会場はその都度連絡します。
夕 食  18:00〜19:00  夕定食を準備いたします。会場はその都度連絡します。
サロン・バー
     19:00〜21:00  アルコール、ノンアルコール、乾き物などを準備いたします。


                 申し込む

バナースペース